眼病

早めの対策が重要!!生活習慣から見直す眼病予防!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブルーベリー

ブルーベリー

気軽に摂れるブルーベリーサプリメント。
このサプリメントはブルーベリーの中でも野生種の
ビルベリーをしようしています。パソコン等で日頃から
目を酷使している方にお勧めです


スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 14:04:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黄斑変性症

黄斑変性症(おうはんへいせいしょう)
黄斑変性症の症状
加齢黄斑変性症は、黄斑に異常がおきてきますので、視野の中央が、暗く見える、よく見えない、線がゆがむ、といった症状が現れます。最初、片眼に起きて程度が軽いと、患者さん本人は白内障などの年のせいにして見過ごすことも少なくありません。白内障の手術を希望してみえた医師が加齢黄斑変性症だったということもありました。この病気はだんだんに進むのですが、ときに急に視力が落ちることもあります。後でお話しますが、病気の時期、形によっては急速に視力が低下してしまいます。しかし、この病気で真っ暗になるようなことはまずなく、中心以外の視野は保たれていますが、見たテレビが見づらく、本や新聞も読めないという大変不便な状態になってしまいます。


黄斑変性症の原因
黄斑変性症は、50才を過ぎたころから始まり、60~70才代がもっとも多い眼病です。病気もしたことがなく、視力も良かったのに突然発病した、という人が多いようです。  しかし、これは完全な 老化現象 といえます。アメリカでは黄斑変性症が失明原因第一位となっていましたが、政府あげての≪黄斑変性症対策≫が功を奏して、改善にメドがついています。 不思議に、黄斑変性症は特定の人しか発症しません。なぜか、男性の発症率が多く、女性の約2倍もあるといいます。

■黄斑変性症の予防
黄斑変性症の場合、とにかく 症状の進行を食い止め、新生血管を阻害し、網膜細胞を強化し、さらに弾力のある毛細血管を取り戻し、血流をよくすることが大切です。
 それには、食生活を見直すことが重要で、必要とされる栄養素を積極的に摂取すると効果的です。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 14:03:58|
  2. 黄斑変性症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)
飛蚊症の症状
黒い点、虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見える症状を飛蚊症と呼びます。これは主に加齢(老化)に伴う現象ですが、若くても生じることがあります(特に近視の方)。この”生理的”飛蚊症は問題のないことが多いのですが、時に網膜剥離・眼底出血など重大な病気が存在することもありますので、瞳孔を開く目薬を使った眼底検査が必要です。

飛蚊症の原因
飛蚊症は、放っておいても心配が要らないものと、そうでないものに大別することができます。前者は「硝子体剥離」「生理的飛蚊症」、後者は「網膜剥離」「硝子体出血」「ぶどう膜炎」などの病気が原因で起こります。
1.硝子体剥離
原因として最も多いものです。年齢と共に、硝子体は収縮して網膜から引き離されます。この時、本来接着していた部分が濁りとして硝子体内に浮くために症状を自覚します。また若い人でも、近視が強かったり、目をぶつけたりすると同様なことが起こります。  最初は非常にうっとうしく感じるのですが、徐々に慣れて気にならなくなる人もたくさんいます。このタイプの飛蚊症は生理現象の一つであり、放置していても特に問題ありません。
2.生理的飛蚊症  胎児のとき、母体の中で眼球が作られる過程において硝子体の血管は消失していくのですが、生まれた後もその血管の名残りがあると飛蚊症を自覚することがあります。症状は軽度で進行しないため、治療の必要はありません。
3.網膜剥離
網膜が萎縮し弱くなっている部分に開く穴が「網膜裂孔」ですが、この穴から水が回って網膜が剥がれて浮き上がることを「網膜剥離」と言います。一般的に網膜裂孔が生じた場合、外来でレーザー治療を行い、穴のまわりを補強します。網膜剥離になっていれば、入院して手術による治療が必要になります。
4.硝子体出血
糖尿病や高血圧などの全身疾患や外傷が原因で目の中が出血し、その血液が硝子体の中に入った状態です。出血の量や場所によっては視力がかなり落ちてしまいます。硝子体は出血が吸収されにくい場所なので、自然に軽快しない場合は手術が必要です。
5.ぶどう膜炎
目の中のさまざまな組織に炎症が起こるもので、多くは原因が分かっていません。「サルコイドーシス」「ベーチェット病」「原田病」といった全身疾患に合併することもあります。消炎薬の目薬や内服薬を治療として使います。

■飛蚊症の予防
症状に気づいたら早めに診断を受けることが肝心ですが、 現実に異常を自覚するのは簡単なことではありません。
特に、出血が目の中心部から離れたところで起こると、気がつくのが遅れて硝子体の濁りが濃くなり、
失明する恐れ もあるのです。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 14:02:50|
  2. 飛蚊症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

緑内障

緑内障(りょくないしょう)
緑内障の症状
眼の中の圧力(眼圧)が高くなり、眼内の血液循環が悪くなって視神経が障害され、視野異常や視力低下をおこす病気で「開放隅角緑内障」「閉塞隅角緑内障」があります。

緑内障の原因
眼圧は、房水という透明な液体が循環することで、正常な眼圧を保っています。房水は毛様体というところでつくられ、後房から前房を経て隅角にある房水排出口から眼の外に流れるという循環経路をとっています。この排出経路が通りにくくなると、房水がたまりすぎて眼圧が高くなり緑内障がおこります。

■緑内障の予防
中高年に多い原発開放隅角緑内障は、発病して失明にいたるまでには30年前後もかかります。また慢性の原発閉塞隅角緑内障も、ゆっくり進行するので自覚症状はあまりありません。どちらのタイプの緑内障も自分では気づきにくく、気づいたときには悪化していて視力の大半を失うことさえあります。  こうした不幸な結果を防ぐためには、定期検査による早期発見・早期治療が大切で、それも眼科専門医による眼圧検査・眼底検査・視野検査が必要です。  40歳を過ぎたら、1年に1回、最低でも3年に1回は、眼科で緑内障の定期検査を受けてください。血縁者に緑内障の患者さんがいる方は特に注意が必要です。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 14:02:10|
  2. 緑内障
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

白内障

白内障の症状
目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して以下のような症状がでます。 霞んで見える ・ 明るいところへ出ると眩しく見にくい。どんなに調整しても眼鏡があわない・ ぼやけて二重、三重に見える*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります。 白内障だけでは痛みや充血がでることはありません。


白内障の原因
白内障での 水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。目の老化で白内障が発症しますが、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。 目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

■白内障の予防
・点眼薬、内服薬などの薬物療法を続ける
・偏食を避け、バランスのよい食事を心掛ける
・強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避ける(サングラスや保護眼鏡)
・糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ 白内障を防ぐと言われる食品
ビタミンE 大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなどビタミンB2 のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなどビタミンC 緑色野菜、いも、柑橘類など 白内障を助長すると言われている食品古い油を使った揚げ物、古い魚の干物など


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 13:58:30|
  2. 白内障
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。